森の中にある北海道の教会「ニドム 石彩の教会」

北海道苫小牧市の石造りが特徴的な施設

ニドム石彩の教会は、苫小牧市にある自然味あふれるチャペルです。
北海道内には自然風景を生かしたチャペルが数多く設置されていますが、このニドム石彩の教会は森・草原・湖という全ての要素を組み込んだ非常に美しいつくりをしていることが特徴です。

風景だけでなく教会施設が石づくりでできていたり、木材も樹木をそのまま柱として利用していたりといった自然味をそのまま利用した構造をしています。

「ニドム」という名称はアイヌ語で「豊かな森」というのだそうで、周辺に全く喧騒のない静寂の中で挙式をしていくことができます。
特徴的な景色としてよく紹介されているのが湖上に浮かぶ白い十字架を背景にしたチャペルで、フォトウエディングではまるで新郎新婦が湖の上で式をしているかのような不思議な風景が撮れます。

ニドムの森は合わせて500万平方メートルという壮大なものであり、その中に世界的な建築物としても記録される二つのチャペルが独立して作られています。

この二つは「石彩の教会」と「森の教会」と呼ばれ好きな方をコンセプトに従って選ぶことができるようになっているので、合わせて検討をしていきたいところでしょう。

内部の披露宴施設にも注目

外界から隔絶されるかのような佇まいをしている石彩の教会ですので、披露宴を合わせて行う場合にも同じく施設内のものを使用します。
教会と同じくレストラン施設内もこだわりのある作りをしており、豊かな自然に囲まれた中でパーティーを行います。

披露宴会場は大人数でも入れる施設だけでなく、ガーデンウエディングができる中庭や、少人数で気兼ねなく行えるアットホーム施設など複数から選べることも特徴です。

おすすめなのが「滞在型パーティー」として少人数でホームパーティー風に行うことができるコテージで、「リスの森&テラス」では2名~12名くらいまでの小さな場所で木造ロッジ風の内装のもと親密度のある披露宴ができます。

提供される料理はニドムで作られる新鮮野菜が中心となっており、舌にも北海道らしい雄大な自然を感じられます。
実際に利用をする人は前後からの宿泊プランを加えて滞在中に挙式やリゾートをするといった形式もとられており、家族旅行として利用をしたい人にもおすすめです。

アクセスも新千歳空港から無料で送迎バスが出ており、自動車で移動するなら約15分程度で到着します。
事前にどんな雰囲気のところか確認したいカップルのためにブライダルフェアも定期的に開催されているので、まずはそうした体験をしてみてから選ぶのもよい方法です。

期間によってはお得な限定プランも登場していますので、早めに予約をしてぜひ一度北海道有数のリゾートウェディングを見てみてください。