海外リゾートウェディングのゲストにかかる平均費用

海外リゾートウェディングでは費用はホスト持ちが基本

海外リゾートウェディングは国内の一般的な地元婚と比較して、全体的に費用は割安になる傾向にあります。

ですが地元婚の場合には挙式披露宴にかかる費用のうち、持ち出し分の一部を参加する方たちからいただくご祝儀で埋めることもできます。

一般的な海外リゾートウェディングの場合には、招待する人を少なくする代わりに現地までの参加にかかる費用全般をホストである新郎新婦側が全て持つというのが常識になっています。

これは仮に距離的に比較的近い場所であるグアムやサイパン、ハワイといったところを利用するにしても交通費が国内の挙式とくらべて段違いに高くなることと、少なくとも数日は滞在をするということから招待をする相手に持たせるというのは申し訳ないという気持ちを示すためです。

例外はあるかもしれませんが、一般的な夫婦挙式においてはご祝儀による埋め合わせはなく全てホスト側の持ち出しであるということは最初からしっかりと意識しておきましょう。

つまり言い換えるなら何人の人を招待するかによって海外リゾートウェディングでかかる持ち出し費用が大きく異なってくるということになります。

平均的な招待人数と費用

海外リゾートウェディングで実際にかかる費用を算出するときには、挙式をするためにかかる費用である式場使用料や衣装代、メイクなどの費用とは別にゲストのための費用を考える必要があります。

海外での挙式を取り扱っているブライダル企業や旅行代理店などでは何人までといった形でセット旅行のプランを提供している場合もありますのでそうした場合ならば計算がしやすいでしょう。

一方で挙式場を自分で予約をしたり、プランにはないような人数や宿泊方法をしようという場合には自分でゲスト一人あたりの費用を計算してそこから合計金額を出していきます。

一般的な海外リゾートウェディングでは、ゲストを呼ぶ場合にはせいぜい10人くらいまでというふうになっていますが、仮に10人ということで計算をしたときにはハワイならばだいたい360万円くらいが相場となっているようです。

もし家族などゲストを全く呼ばずに新郎新婦二人だけで行うということならば約160万円が相場とされています。

ただし宿泊施設などではまとまった人数を予約することで安く利用ができることもあるのでそうした人数制限についてもよく調べておきたいところです。

ハワイよりも距離が近いバリなどの東南アジア地域では、往復の飛行機代金が安くなるので10人をゲストとしても約290万円くらいで収めることができます。

基本的に高級チェーン系のホテルで宿泊をするということであれば世界各国どこでもそれほど極端に料金が変化するわけではありませんので、飛行機代などの交通費が一番金額を左右する内容となります。

ゲストからのご祝儀のトラブルもあります

最初に海外リゾートウェディングでは基本的にゲストからご祝儀は受け取らないというふうに書きましたが、必ず全ての場合で受け取らないというわけではありません。

ポイントとなるのは最初に招待を受けるときに受け取る招待状の内容で、そこに「ご祝儀は辞退します」という文面があるかどうかです。

逆に言えば招待状に「辞退します」とはっきり明示がない場合にはご祝儀を現地で受け取るということを前提にしている式となります。

とはいえ一般的な挙式方法よりも参加者の負担が相当に大きいのが海外リゾートウェディングですので、招待状には普通交通費や渡航費、宿泊費といったことについてどういった負担方法にするかを提案してあるのが通常です。

場合によっては新郎新婦からの都合により、交通費までは招待客に負担をしてもらいたいということを言っているような例もあります。

海外リゾートウェディングの招待をするならそうしたどこまでを参加者に負担してもらうかということも合わせて予算設定をする必要があります。