海外リゾートウェディングの相場

大人気の海外リゾートウェディングをするための費用

今や海外リゾートウェディングは芸能人やセレブたちだけのものではなく、一般の挙式方法としてもすっかり定着した方法と言ってもよいほどになっています。

しかし数が増えてきたとはいえ、まだまだ結婚式の方法としては一般的な地元挙式に比べると全体数は少なく過去の事例からのサンプルも少ないことから、はっきりどういったところにいくらかかるかということはわかりづらいというのが実情です。

まだ結婚式の予定はないけれどもいつか将来的には海外リゾートウェディングをしたいと考えている独身の方にとっては、それまでにいくらくらいの結婚費用を用意しておくべきかという参考も欲しいところでしょう。

結論から先に言ってしまうと、海外リゾートウェディングをする場合にはどういった地域で何人くらいの人を招待するかによってかなり金額が変化してきます。

とはいえ一般的な地元挙式では地域の習慣にもよりますがだいたい300万円くらいの金額が一つの目安になるのですが、全体費用ということで言うとむしろそれよりは若干割安で済むことがほとんどです。

新婚旅行費用と兼ねるとかなりお得

海外リゾートウェディングの大きなメリットとして知られているのが、挙式・披露宴のあとにすぐその場所でハネムーンに行くことができるということです。

今最も人気のある海外リゾートウェディングの場所としてハワイがありますが、ハワイは新婚旅行の場所としても最も人気のある海外と言ってもよい場所ですし、人気ホテルや観光名所もたくさんあります。

通常の地元式の場合では式が終わったあとに二次会をして、それから空港などの近くのホテルに移動をして翌日にハネムーンに出発というふうになるのが一般的です。

海外リゾートウェディングでは式場への移動がそのままハネムーンへの出発にもなっているので旅費がその分浮くというふうに考えられます。

もし二人だけの挙式を海外リゾートウェディングとしてハワイで行うということなら、全日程を合わせても約50万円くらいでおさまるのが一般的です。

ただ本当に二人きりだけでやりたいということはあまりケースとしては多くなく、大抵はお互いの両親や親類、親しい友人数人を招待することになっているのでそうしたゲストのための旅費や滞在費を負担するとなると100万~250万円くらいになります。

それも式場として使用する施設や宿泊するホテルなどによって大きく変化するのでケースバイケースですね。

全て一式になっているプランはかなりお得

海外リゾートウェディングの価格としてかかってくるのは、まず式場の使用量に加えてゲストがいる場合のパーティー開催料金、料理代、衣装代といった当日使用するものの代金があります。

そこに新郎新婦とゲストの往復旅費、宿泊代、それに滞在中に観光をするときのオプションといったものが加算されていきます。

これらを全て自分たちで予約をしようとなるとかなりの手間になってくるため、ほとんどの人は海外リゾートウェディングを取り扱うブライダルプランナーのいる企業や旅行代理店を間に入れます。

そうした企業からのサービスを利用する場合には、旅費と宿泊費に挙式にかかる費用をすべてセットとして提供する一式プランもあります。

一式になっているプランでは個別に何かを付け加えることがしにくくなるということはあるものの、自分たちでそれぞれを手配するよりもかなり料金が割安になってきます。

一式プランの中にもそれぞれの企業ごとに特性やメリットがあるので、利用のときにはいくつかのセット内容を比較してみるのがおすすめです。