海外ウェディングに参列するためには

Q.海外でのリゾートウェディング

これを考えているところです。

準備はできるだけ念入りにしているつもりですが、
一つ困っているのが参列をお願いする人たちへの案内です。
海外挙式であることもあり、交通費や宿泊費についてはこちらで用意をし、
ご祝儀もいただかない方向で考えているのですが、
やはり海外への移動ということでは、
ご本人たちそれぞれに準備をお願いすることもあるかと思います。

そこで参考までに、海外挙式へ参列をお願いするときには、
どのような案内文などを送付するのがよいのでしょうか?
あまり丁寧すぎると、
先方のプライドを傷つけてしまうのではないかという心配もありますが、
できれば具体的な準備方法など教えていただけるとありがたいです。

A.参列をお願いする方たちには、

どこまでの準備をお願いするか事前に詳しく知らせて挙げるのがマナーです。
ウェディング目的とはいえ、
飛行機を使っての海外旅行ということになりますから、
国内の場合とは違った準備が必要になります。

まず最も忘れてはいけないのがパスポートの準備です。
旅館や航空便の手配はホスト側でも十分できますが、
パスポート取得だけは本人でなければ行うことはできません。

すでに何度か海外旅行に行かれていて取得済の方ならよいのですが、
これから新たに取得をしなくてはならないというときには、
期日に余裕を持って申し込むようにすることを
きちんと注意しておきましょう。

また、すでにパスポートがある場合でも渡航する国によっては、
パスポート有効期限が6ヶ月を切っている場合には、
入国できないというところもあるので、
かなりしっかりとウェディングプランナーさんや旅
行会社さんに確認をしてもらうようにしておいてください。
また、渡航をするときには通常海外旅行保険をかけます。
これは旅行日程を管理してくれる代理店の方で
一括して受けてくれる場合なら、
保険もそのプランのうちに組みこんでもらうことができます。

心配性の方などは自分たちで独自にかけようとされるかもしれませんので、
保険が付帯するときはその旨も先に伝えておくようにするのが親切です。
服装については、海外挙式では参列者はそれほどしっかりした
ドレスアップをしなくてもよいということになっています。

なのできちんとした服装をしていれば、
別途にドレスなどを運ぶこともないでしょう。
どうしてもという人なら現地でドレスをレンタルすることもできるので、
そのことも伝えておけば参加する人の選択肢が広がります。