海外での授かり婚について

Q.以前から海外のリゾート地での挙式に憧れていました。

ところが先日私の妊娠がわかったことで、
急遽挙式の段取りをしなくてはならなくなってしまいました。
質問なのですが、
授かり婚の場合にも海外で挙式をすることはできるでしょうか?

また、実際に海外リゾート地でマタニティウェディングをする場合には
どのような点に注意するべきでしょうか。
持ち物や事前の準備でやっておくべきことがあれば教えてください。

A.マタニティウェディングでももちろん海外リゾート地で行うことができます。

まずはご婚約、そしてご懐妊おめでとうございます。
無事に挙式や出産ができますことをお祈りします。

さて海外でのマタニティウェディングですが、もちろん可能です。
むしろ、海外での挙式の場合には招待する人数も少なくなり、
通常の式進行とは違った親密度の高い式となるため、
何かと気を使う場面の多いマタニティウェディングに
向いているということもできます。
ですが大切な体ですからまずは体調面を第一に考えて
準備を進める必要があります。

マタニティウェディングであっても、
特に挙式ができる場所についての制限はありません。
通常のリゾートウェディングと同じような感覚で
行き先を選ぶことができます。

ただし、リゾートウェディング専門の施設以外の
宗教施設(教会・チャペルなど)では制限があることもあります。
心配なようならリゾートウェディング専門に取り扱う会社で
用意されているプランの中から選ぶようにしましょう。

リゾートウェディングを専門の業者に依頼することで、
外国語が苦手という場合や海外での挙式の段取りが
よくわからないという人でも安心してサポートをお任せすることができます。

挙式の準備については、
本来であれば半年~1年くらい前から準備をしておくことが理想ですが、
マタニティウェディングの場合は、
出産の日程や体調の管理という面で
どうしても早めに段取りをつけておかなくてはならなくなります。
急いでいるようならパッケージングプランとして
飛行機や宿泊施設の手配までもが一体になったものから選ぶと便利です。

マタニティウェディングの場合、
海外で行うときには基本的に自前に入籍を
すませておくことが必要になります。
出発前までには、パスポートと指輪、
それに入籍を証明する書類をきちんとそろえておくようにしましょう。
目的地の人気でみると、やはりハワイが一番よく選ばれているようです。