バリの挙式

東南アジア地域を代表するリゾートアイランド

東南アジアの中でもインドネシア領に属する地域には有名なリゾートアイランドがいくつも存在しています。

中でもバリ島はエキゾチックな雰囲気の漂う世界的に人気の地域となっており、ハワイやグアムのようなアメリカ領のリゾートとはまた違った魅力に溢れています。

一番島内で違いを実感するのが言語で、公用語であるインドネシア語や日常会話で島民が使用するバリ語は日本にいてはほとんど耳にすることができない言葉です。

とはいえ、空港周辺などの観光客が多い場所ではスタッフのほとんどが流暢な英語を話すことができますし、日本語で話してもだいたいのことを理解してもらうことが可能です。

不便な点もいくつかないわけではないのですが、あまり観光地ナイズされすぎていない異国情緒を感じることができる場所というふうに言えるでしょう。

一般的なチャペルとは違ったデザインのところも

バリ島はハワイやグアムなどと同じように、日本からの海外リゾートウェディングの目的地として多く利用される場所になっています。

そのため島内にはいくつも美しい景観を持った専用のチャペルがあります。

白亜の教会といった憧れの施設もあるのですが、一方でよりバリらしい南国風の施設も複数存在しています。

美しい海辺の景色に民族的な施設、美しい花のじゅうたんを背景にした挙式は他のリゾートアイランドでは味わうことができない素晴らしい雰囲気を持っています。

またバリといえばスパ・リゾートとしても有名な場所です。

普段はあまりエステなどを利用しないという新郎新婦さんでも、ハネムーンとして一緒にそうしたリラクゼーション施設を利用することでより親しみを増すことができます。