グアムの挙式

日本から近い身近なリゾート地

グアムといえば日本から近い、飛行機でなら3時間半で到着をすることができる身近なリゾート地として知られています。

距離的に近いことに加えて経度があまり日本と違わないということから時差もほとんどなく、到着をしてすぐに挙式やハネムーンに移ることができます。

日本では長期休暇で訪れる海外旅行先としてハワイと並んで人気のあるリゾートアイランドです。

リゾートウェディングのための場所としても、ハワイかグアムかという二者択一で悩む人も多くおりどちらもそれぞれ捨てがたい魅力を持っています。

グアムでの挙式がハワイ挙式に勝っている点としてはやはり距離的な近さが大きく、仕事などの都合であまり長く休暇を取ることができないという新郎新婦にとってはグアムは数段利用しやすい場所です。

島の中には海外リゾートウェディング向けのチャペルも数多くあり、観光用のホテルや施設も充実しているので安心をして選ぶことができます。

グアムでの挙式がおすすめの人

グアムは海外リゾートウェディングとして人気の場所ではあるものの、上記したようにどちらかというと「本当はハワイで挙式をしたいのだけど」という人にとっての二番手というイメージもあります。

ですがグアム島はハワイとはまた違った大きな魅力があるところであり、本音としては妥協して選んだ海外リゾートウェディング先であったという人も結果的に「グアムにしてよかった」という感想を持つことが多くあります。

グアム観光で一番便利といえるのが日本語が普通に通じる施設が多いということがあります。

ハワイも日本からの観光客の多い場所ですが、グアムよりは英語が必要になる場面が多くガイドさんや通訳がいないとちょっと苦労をしてしまうという場面も見られます。

しかしグアムでは島全体が小さく、かつ日本から距離が近いこともあって観光客のほとんどが日本人なので島の中ではほとんどの場所で日本語が通じます。

ですので海外リゾートウェディングに招待をする人の中でどうしても英語が苦手という人がいても大丈夫です。

費用が安いということもメリット

海外リゾートウェディングの場合、その全体の費用を大きく左右するのが交通費、とりわけ飛行機にかかる料金です。

LCCなどの格安航空会社もあるとはいえ、それでも海外遠方までフライトをするとなると往復でかなりの費用がかかってきます。

海外リゾートウェディングの中でも距離が近いグアムは一人あたりの交通費が少ないため、全体の費用を安くまとめることができます。

ハワイでは新郎新婦二人だけでの挙式でも最低で約140万円程度はかかるものと言われていますが、グアムで同じレベルの挙式をする場合では約80万円程度ですませることができます。

招待する人数が10人を超えそうな場合など、ちょっと贅沢に海外リゾートウェディングをしたいというなら距離で大きなメリットを得られるグアムは非常におすすめできる場所です。