軽井沢の石の教会

軽井沢で今人気急上昇中の式場

国内でリゾートウェディングが一般的に行われるようになってきてから、関東近県の人たちから特に人気のある場所として支持されてきたのが軽井沢です。

軽井沢は古くから外国人向けの別荘地として発展してきたという歴史もあることから、過ごしやすい気候とモダンな建築物が多い避暑地らしい町並みが揃っています。

新しくショッピングモールなどの施設もどんどん作られており、観光地やハネムーン先としても不動の人気を誇っています。

リゾートウェディング向けの施設も多くあり、それぞれ独特の雰囲気のある素晴らしいところなのですが、中でも今代注目となっているのが「石の教会」と呼ばれる自然味あふれるところです。

「石の教会」があるのはホテルブレストンコートの中であり、チャペル用に建築をされた専用施設となっています。

内村鑑三と生きている建築

「石の教会」は「内村鑑三記念堂」とも呼ばれているように、かつて足尾銅山鉱毒事件や日露戦争においてキリスト教指導者として問題を世間に訴えた歴史上の偉人である内村鑑三をたたえたものです。

内村鑑三は「無教会主義」という自然の中で信仰をするという方法を提唱したことでも知られています。

石の教会はそうした内村鑑三の無教会主義に基づく自然をそのまま生かしたオーガニック建築で作られており、特徴的な石畳や石を組み合わせて作った円形の屋根がその思想を表現しています。

大きな自然の中で挙げる挙式の中でもこの石の教会は特に際立った印象を与えてくれるものであり、忘れられない挙式を演出してくれます。