自然豊かな北海道の挙式場「ノーザンホースパーク」

自然豊かな人気の観光地で挙式ができます

ノーザンホースパークは北海道苫小牧市にある人気の観光施設です。
開園は1989年からで、広大な敷地内で自然体験型のアトラクションを楽しむことができる場所としてこれまで数多くの観光客が来訪をしてきました。

そんな道内でも景観に定評のある施設内でリゾートウエディングができるのが「ディアド・ブエナビスタ(Deard BUENAVISTA)」です。

施設名称は「Dear(心を込めた思い)」と「BUENAVISTA(素晴らしい景色)」を組み合わせたもので、国内リゾートウエディング施設の中でもトップクラスの人気を誇る北海道ならではの広大な自然風景を象徴しています。

施設内には専属のウエディングコーディネーターがおり、道外から訪れるカップルや招待客に対して最大のもてなしを提案しています。
挙式そのものの演出についてはもちろんのこと、他にも宿泊先やフォトウエディングの手配、引き出物やブーケといった小道具の用意まで一貫して受付をしてくれます。

挙式披露宴の中で提供される料理はもちろん地元北海道の食材を中心にした旬の料理で、その日にふさわしいコースで提供されます。
二人だけのオリジナルケーキ作成などのサービスもあり、自分たちらしい挙式や披露宴をしたいカップルにはまさに最適です。

ディアド・ブエナビスタだからこそできる演出

自然に囲まれたノーザンホースパークの中にあるディアド・ブエナビスタだからこそできる演出もあります。
施設名称からもわかるように敷地内で本物の馬に乗ることができることが特徴となっており、挙式のための演出にもこの馬は使用できます。

新郎新婦の入場を馬を使用して行うプランにもいくつかの方法があり、新郎新婦がそれぞれ一頭の馬に乗って挙式場に向かうという方法のほか、新婦のみが乗馬をし新婦とその父親が馬車に乗る方法や、新郎新婦がともに馬車に乗るといったように好きなタイプから選べます。

中でも新郎が馬に乗って新婦を迎えに行くという「王子様プラン」はとても人気が高く、挙式前に簡単なレッスンを受けることで新郎は事前に乗馬をマスターできるというサービス付きです。

新郎新婦だけでなく訪れたゲストたちをポニーがお出迎えをしてくれるという演出もあり、他のリゾート地とは一味違った独特の雰囲気を出すことができます。

アクセスは苫小牧市ということで札幌市内からは少々距離がありますが、施設から無料のシャトルバスが定期便として出発をしており、新千歳空港からなら約15分と距離感を感じることなくすぐに到着が可能です。

内部にあるパーティールームは最大100名まで収容ができる余裕もあり、道外から訪れる人だけでなく道内の地元挙式の場所としても便利に使用ができます。